2014年02月17日

災害に弱すぎる関東をどうにかしなければ・・・

今回の2週連続の大雪を体験して、改めて東京を中心とした都市部がいかに災害に弱いかということを痛感しました。

特に、弱さを感じたのが交通網です。電車やバスもそうですが、一般道路において走行する車がことごとく止まってしまっている事態を目の当たりにして、車が災害に対して弱すぎると感じました。

雪国では毎日雪が降っても問題なく通勤できているのに、なぜ都市部では全く通勤がストップしてしまうのでしょうか?

全体的な問題もありますが、一律の防災対応や書面だけの対応に終始している行政のやり方が、災害の本質に対応できていないのではないかと思います。

一方で、大雪の中で必死に雪かきを行っている家々や、商店の人たちを見て、いざというときに行動できる人々の力強さも感じました。

基本的には、正確な情報をいち早くすべての地域や人々に伝えられることと、実際に動ける有志の人たちの結束力と、しっかりした道具や設備が用意されていることが、災害から立ち直るために必要なことだと思います。

日ごろ会話がないまわりの人たちとも、すぐに協力して事に当たれるように、日ごろから心がけて準備しておくことが大切だと思いました。

それと、今回痛感したのがマスコミ(特にテレビ)が全く役に立たないということです。マスコミの情報は本当に局所的であり、あいまいな情報が多く、ほしい情報は手に入らないということでした。

視聴率や決まったプログラムで放映しなければならないテレビでは、リアルタイムの情報は全くなく、さらに同じ映像を何度も繰り返し流すだけという短絡的なものに終始していました。

今後、都市部の災害を考えると、地域の情報をいち早く周りに伝えるためには、「Twitter」を使った地域情報の発信が最も有効な手段になりうると感じました。

おそらく、現在のTwitterの機能に位置情報を加えて、より正確で公共的な要素を持つ情報源が生まれていけば、多くの人々が間違いのない行動をとれて、安全が確保されていくように思いました。

今回の関東中部・北部から山梨県にかけての大雪の被害が、正確に伝えられていないことを考えてみると、今後の大きな災害においても、同じようなことが繰り返されるように思います。

東京都知事になられた桝添さんには、現場主義の災害対策ができるような仕組みと、いざという時にどう行動すべきかという規範を作っていただきたいと思います。
posted by noko at 19:12| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月31日

ピクセル定規というフリーソフトはWin7でも使えます

ホームページなどを作成する場合、画面の領域の縦と横の長さをピクセル数で知りたいということがあります。このような時に使われるソフトが「ピクセル定規」というソフトです。

Vectorのサイトからダウンロードできます。
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/util/se313761.html

XPまでの対応だったようですが、Windows7でも問題なく使用できます。

ウェブデザインなどをやっている人にはなくてはならないツールです。

以前は、PixelPerfectというフリーソフトを使っていたのですが、ネット上から姿を消してしまいました。フリーソフトも時代とともに、消えていくものもあるのですが、いいソフトはずっと生き残ってほしいものです。

このピクセル定規を昔提供していたサイトは、「Game-index.net」というサイトですが、このサイトは今でもあります。でも今は、ピクセル定規はおいていませんので、唯一、Vectorだけが提供サイトになっているようです。
posted by noko at 22:45| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月03日

ジブリ映画「風たちぬ」と今の時代

一昨日、ジブリの「風たちぬ」という映画を見ることができた。

映画の無料券をもっていたので、やっと使えるとおもって受付で出したら、今日は月の初めの1日なので1000円なのですが、それでもいいですか?と聞かれた。

映画館ってレディースデイだけが安い日だと思っていたのだけど、一般の人にもサービスする日があったんだとちょっと感心した。(レディースデイがあるなら、マンデイというのもあっていいのにね)

でも、1800円 > 1000円 > 無料券なので、やっぱり無料券のほうがいいと思い、「いいです。無料券を使います」といって券を買った。

映画を見る前にヤフーの映画の口コミを見たら、主演の堀越二郎の声をやっている庵野秀明さんの声があまりマッチしていないという意見が多かったのだが、見終わった後に感じたのは、いやいやそれって逆じゃないか?という感じを受けた。

むしろ、庵野さんの声だったからよかったのでは、という印象を受けたのである。

宮崎駿さんが、なぜ庵野さんに主役の声をお願いしたのかということは、これまでのアニメとは異なり、実在する人を描くということで、プロの声優ではなく、素朴な人間像を描きたかったのではないかと私自身は感じた。

そういう意味で、庵野さんの声は、映画で伝えたい世界観にとてもマッチした声だと思った。

堀越二郎さんを描くということで、一部の韓国のメディアは、宮崎駿さんに対して軍国主義を賛美するのかといった意見を言ったようだが、映画を見て感じたのは、そんな現代的なメディアの考え方こそが、最も批判されるべきことではないかという点だった。

おそらく、堀越二郎が生きた時代というのは、今とは全く異なる常識や環境、さらには世界の中での日本の位置も、かなり不利な状況にあった時代だと思われた。さらには、庶民は貧乏で、病気になったら治る見込みのないような時代だった。

おそらく、宮崎駿さんが伝えたかったものは、今の時代とは全く違う制約の大きな時代の中で、飛行機を作る夢を子供の頃から追いかけ、それを実現した人物がいたということだと思う。

そういう人がいて、時代が移り代わり、今があるという大きな流れを感じることを今の若い人に伝えたいという願いが感じられた。

今現代を生きる人は、今の自分の価値基準を絶対として過去を判断しているが、今の時代でも何が正しいことかなどは、わかるべきもなく時代を生きているわけで、それが後世になって間違った時代だったと判断されたとしても、その時代を生きた人から言えば、単に全力で生きていたということだけなのである。

私もパソコン教室で、長年パソコンを教えているが、1980年から始まった日本のパソコンの文化が、社会をいい方向に向かわせている文化なのかどうかは、現時点ではよくわからない。おそらく、未来からどう見られるかということを考えているわけではなく、よりよくなれば・・・という一点で人は生きているような気がする。
posted by noko at 19:42| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

未来のパソコンの姿とは?

パソコン教室で長らく教えていると、パソコンって何なんだろう?と思うことがたびたびあります。

マイクロソフトやアップルが作ったOSやソフトを、世界中の人々が必死に使っているというのは、ある意味不思議な現象です。

当のマイクロソフトやアップルも、過去に作ったOSやソフトを守りながら、継承していくという運命にあり、そういう意味では、自分で作った檻の中から、如何にして新しい檻を作っていくか、という難問に絶えずぶち当たっていると思います。

本来、パソコンとは人間の仕事の効率を上げ、人間の仕事を楽にしようという発想から生まれたものなのに、いつの間にか、人々の考え方を変えたり、経済活動を変えたり、情報世界のあり方を変えたりと、とても大きな存在になってしまいました。

同時に言えることは、人間が覚える代わりにパソコンに覚えさせたり、人間が考える代わりにパソコンに考えさせたり、人間が話す代わりにメールで伝えたりと、人間の本来の能力を肩代わりさせる道具にもなってきています。

昔のコンピュータは、「こんなソフトがあったら」というところから発想して、ソフトが作られてきましたが、昨今の状況は全く逆で、スマホやタブレットやパソコンに合わせて、商業的に売れるソフトを作るという発想に変わってきています。

よく言われることに、「消費者のニーズに合わせて」という言葉がありますが、パソコンについて言えば、最初から消費者ニーズなどはほとんど存在しません。なぜなら、消費者は昔買ったパソコンをずっと長く使いたいと思っているからです。

パソコン業界についていえば、新しい機能や目新しいソフトなどを備えた新品のスマホやタブレットやパソコンを、消費者の前に提示して、ほしくなるような広告やCMを流して、古い機械から新しい機械に乗り換えるのがお得ですよ、と言って消費者の気持ちを少しずつ洗脳している・・・悪い言い方をすればですが。

確かに、ハードウェアの進歩は目覚ましくハードウェアの進歩が新しいソフトウェアを生み出していることも事実ですし、インターネットや電話の進歩が、私たちのライフスタイルを大きく変えていることも事実です。

話は、だいぶん大きくなってしまいましたが、そろそろ未来のパソコンの姿について考えてみたいと思います。

現在のパソコンの一番の問題点は、インターネットウイルスやセキュリティーという問題です。これらの問題を解決できるOSや機能が求められてくると思います。サーバー技術やクラウド技術は日々進化していますが、端末として今のOSを使用している限り、セキュリティー面では必ず問題があります。

日々、OSのアップデートをしなければ安全が守れないというのは大きな欠陥です。世界中の99.9%のパソコンのセキュリティが完全でも、残りの0.1%のパソコンのセキュリティが不完全であれば、ウイルスは必ず生き残り、再び大きな被害を生んでいきます。

つまり、ウイルスを排除するという考え方自体に限界があるということです。ウイルスを駆除することでウイルス対策ソフトのメーカーは儲かっていますが、そういうイタチゴッコが永久に続くことは決していい状態ではありません。

かといって、パソコンの端末をインターネットから隔離して使用することも決していい解決策ではないと思われます。

未来のパソコンの姿で一番必要なことは、ウイルスから感染されても、復旧できる強い力を持つことです。
このためには、OSの入っているディスクとデータの入るディスクは完全に独立しておく必要があります。さらに、OSのコアの部分については、完全に書き込み禁止として、外的から攻撃されないようにする必要があります。またOSのアップデートについては、頻繁にアップデートする方式をやめて、OSカードとして昔のOSカードを外して、新しいOSカードをセットするみたいなほうがいいと思います。

一般のソフトについても、マッキントッシュが採用しているように、ゴミ箱に入れればアンインストール完了というように、OSとは無関係に存在するような仕組みが必要になってくると思います。

さらに、クラウドの仕組みで言えば、IDやパスワードでログインする仕組みではなく、USBキーのようなセキュリティがハードウェアで保障されるような仕組みが必要になってくると思います。

データのバックアップの仕組みについても、外付ハードディスクにバックアップをとることを前提とした仕組みが必要だと思います。

デスクトップパソコンやノートパソコンという種別は、未来にも必要だと思いますが、新機能をつけただけのパソコンよりも、データ管理が安全に出来て、トラブルにも強いパソコンが未来のパソコンの姿ではないかと思います。

※あくまでも、個人的な見解です。
posted by noko at 12:29| 東京 ☁| パソコンソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月02日

日本人は韓国ドラマに「なぜ」はまってしまうのか?

難しいことはさておいても、韓国ドラマを見たことがある人は、最初はわざとらしい演技に笑ってしまいながらも、気が付けばどっぷりとつかってしまって、次回も必ず見なければと思ってしまう・・・

決して日本のドラマとは、違う何か?に、はまってしまうのである。

個人的には、韓国ドラマの歴史物には昔から興味があって、かなりはまって見ている。

おそらく、日本でいえば、水戸黄門とか、遠山の金さん、大岡越前、必殺仕置人みたいな位置づけになると思うが、韓国の人も韓国ドラマのワンパターン性は認識していながらも、やはり歴史物が好きな国民性なのだろうと思う。

日本の場合、NHKの大河ドラマは、はっきり言って日本人しかわからないような設定や作り方になっていて、世界的に通用するドラマとはいえませんが、江戸時代を舞台とした上記の連続ドラマは、意外と世界中で見られていて、忍者や侍といった文化は、世界中で知られています。

韓国の場合は、朝鮮半島の昔の歴史物が多く、紀元前から中世にいたるまで、朝鮮半島の国の歴史をドラマ化しているので、かなり見応えがあります。実際には、かなりエンターテイメント重視の物語に作られているので、歴史に忠実というわけではありませんが、そういうことは差し引いても、面白いドラマになっています。

韓国ドラマの特徴は、(1)ストーリーがわかりやすい。(2)敵と味方にはっきりした区別がある。(3)話の展開が異常に速い、ということです。

実は、この特徴は、水戸黄門や、鬼平犯科帳などとも似ていて、簡単にいえば1時間程度で、十分に満足できるような内容を1話として放送しているという点です。

それでは、韓国のドラマが独自に持つ魅力とは何でしょうか?
それは、「人の運命」と「だましあいこ」というようなことではないかと私なりに感じています。

子供時代からの歴史を延々とドラマで流す中で、様々な人の運命が集結して、その人が偉い人になってゆくという話がとても多いと思います。権力闘争なども多いことは、現代の韓国社会の象徴みたいな気もします。

個人的には、何が伝えたいのか、はっきりしない日本ドラマよりも、黒白がはっきりしてハッピーエンドで終わりそうな韓国ドラマのほうが、見ていて楽しいと思います。

話の途中から見ても、意外とストーリーがわかるのも、いいところです。
posted by noko at 19:33| 東京 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

インターネットやマスコミの報道に過敏に反応する心

不思議なもので、日々いろんなニュースが飛び込んできて、当事者ではない人も、いつの間にか情報に心が乱されていくような世の中になってきたようです。

世間を騒がしている「領土問題」「原発問題」「経済危機」「震災復興」「消費税」「TPP」「地方分権」「エネルギー問題」など、さまざまな情報が私たちの耳から入ってきています。

大使館前や国会議事堂前でプラカードを持って叫ぶ人の映像や、国旗や車を燃やして何かに抗議している人の映像など・・・今や世界は情報により攪乱させられ、憎しみや怒りを誘発するような事件も多数起こるようになってきています。

インターネットの進化や、世界からのマスコミ報道などにより、これまで解決できないために、地下に埋めておいたような問題が掘り起こされて、火に油を注いだような状態になってきているように思います。

すでに、勝手に進んでいる世論の流れは、政治家やマスコミのレベルを超えて、人々の苛立ちだけがつのるような状況になってきているようです。

たぶん、昔にあった戦争も、このような世論に後押しされて起こってきたのでないかと思います。

憎しみや怒りといった感情は、誰でも持ちうる感情ですが、これらの感情を鎮めていくためにどのような営みが必要なのかを私たち一人ひとりが考えていくことが大切だと思います。

「風の谷のナウシカ」という映画が昔ありましたが、怒りを増幅させるのでなく、怒りを鎮めていくための心を持つことが大切だと思います。
posted by noko at 12:56| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月27日

Seesaaブログのデザインが変わったようです

しばらく、ブログを更新していなかったら、トップに広告がつくようになったみたいですね。
シーサーブログの管理画面も変わったようで、びっくりしました。

管理画面は前よりもかなり使いやすくなったみたいです。

ブログも最近は、WordPressなどを使う人が増えてきて、カスタマイズが流行っていますが、基本的には内容がきちんと書かれていて、文字が見やすければ問題ないと思います。

SEOにやたらこだわる人も多いのですが、やはりブログは記事が命です。
いい記事をたくさん書くことが、いいブログの条件です。

他の人のブログはあまりフォローしていないのですが、たまに見てすごいな〜と思うのが、このブログです。

らばQ
http://labaq.com/

ブログではないけど、楽しいサイトといえば

虚構新聞
http://kyoko-np.net/

これらのページを見ると、やはり記事のすばらしさに感動しますね。

皆さんも、いいブログ書いてください。
posted by noko at 17:14| 東京 ☁| ホームページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

Facebookは何の意味があるのか?

こんな事を書くと、バカにされそうだが、やっぱりよくわからないので書くことにした。

今や世界を変えようとしているFacebookと言われているが、なぜそんなにいいのかが全くわからない。

おじさんにはわからない世界なのか、それともわからないということを恥ずかしくて言えないのかはともかくとして、Facebookを使う目的がいまいち理解できない。

ブログは自分の日記ということで、完全な自己満足でいい世界。

Twitterは、自分がつぶやいたことが、みんなに伝わったり、人のつぶやきが見える世界。

mixiは趣味が同じ人とつながるサークルみたいな世界。

じゃあ、Facebookは、なんと表現すればいいのか?

ブログ、ホームページ、ノート、写真の保存、メッセージ、などなど、いろんな機能がまとめてあるのはいいけど、どうみても一言で表現できない・・・。

おまけに、「知り合いかも」とかいって、知らない人の写真や名前がでてくる。

友達と簡単につながる・・・友達の知り合いまで丸見え・・・なんていう機能をどう使えばいいのか?

全く知らない人に「友達になりませんか?」って聞くわけ?

それって「怖い」と思いませんか?

たぶん、毎日会うことが出来ない人に、自分の近況などをFacebookを通してみてもらうということなのかな〜?

前にテレビでFacebookを使っている人の話しを聞いたときは、めったに会わない人に会う前にその人のFacebookを見て、その人の趣味や経歴や近況などを調べておくと、話しがしやすいみたいなことを言っていました。

それって反対に、会った時の新鮮さがなくなって面白くないんじゃないかと思ったりするんですけど・・・・・どうですかね。

もともと同窓会の延長みたいな感じで、昔仲がよかった人と疎遠にならずに、適度な間合いで相手のことを知っておいたり、たまに連絡を入れたりというような使い方がベストのような気がするんですけど、どうなんでしょう。

そういう使い方であれば、毎日会っている人とFacebookで連絡する意味はたぶんほとんどないような気がします。

もう一つの使い方としては、メールとして使うという手もあるようです。
Facebook用のメールを取得(無料)すると、通常のメールみたいにメッセージが送信できるそうなんです。

使い方はまだ使っていないのでわかりませんが、メッセージとして送信するようなので、そんなに長いメールは無理そうですが、携帯にも送信できるようです。

いろいろと考えてみると、Facebookっていうのは、ネット上にある自分のアイデンティティーみたいなものを形成する場所なのかもしれませんね。

「私はここにいるよ」みたいなものを宣言する場なのかもしれません。

ただ、セキュリティレベルをきちんと設定しないと、個人情報が丸見えだし危険すぎです。

個人的には、なかなか好きにはなれませんが、会社やお店の紹介をホームページと並行して行ったり、クラブやサークルの連絡網に使ったり、学校などの掲示板の代わりに使ったり、災害時などに情報の伝達に使ったりするようなことには意味があるような気がします。

もう少し、勉強していい使い方を見つけてみたいと思います。
posted by noko at 21:53| 東京 ☀| インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

風邪に注意してください

運が悪いことに、今週の初めに、風邪をひいてしまった。

火曜日にお医者に行って、薬もらったのだが、今週いっぱいは治りそうもない。

最初は、喉がひりひりと痛くなり、
次は、鼻がつまって、息苦しくなり、
今は、咳がひどい状態である。

それと、体の倦怠感と頭が重い感じはずっと続いている。

昔は高熱が出たのだが、最近は熱はほとんど出ない。

インフルエンザは、今年はまだ流行していないようだが、一般の風邪は増えているとお医者さんが言っていた。

しゃべるのが仕事の商売なので、風邪はとてもつらいものがある。

暖かくするのと、栄養をとることが唯一できる対処法で、薬はなぜかそれほど効いているような気がしない。

体の中で抗体ができるまでは、無理をせず、ゆっくりと眠ることしかないようだ。

皆さんも、風邪には十分注意してください。
posted by noko at 19:06| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

大容量のハードディスクはなぜ壊れやすいか

最近は、店頭で大容量のハードディスクが以前には考えられないような安値で売られている。

確かに時代の流れと共にハードディスクの大容量化は進んでいるが、日常パソコンを使っている一般の人が大容量のハードディスクを必要としているかといえば、そうではない。

むしろ、業界の都合で大容量化したハードディスクが売られているだけではないだろうか?

私達の通常の感覚では、より大きな容量のハードディスクを買ったほうが得だと考えてしまいがちだが、実は大容量になればなるほど、トラブルの危険性は増していると考えるべきである。

実際に、私がやっているパソコン教室でも、外付けのハードディスクが壊れたという相談は増えていいる。

最近のUSBハードディスクの場合、1TBや2TBという容量が普通になってきているが、これらのフォーマット形式はFAT32という形式で出荷されていることが多い。

このFAT32というフォーマット形式は、Windows95や98で使われていた形式で、Windows上では、32GBまでしかフォーマットできない形式である。これをメーカー側では、特別なフォーマットソフトを使うことで2GBまでフォーマットを可能にしている。

これは、WindowsやMacintoshなどで共通に認識できるということでFAT32フォーマットが使われているようなのだが、大容量のハードディスクがFAT32でフォーマットされている危険性をメーカー側はどのように考えているのだろうか?

本来は、1GBや2GBを1つのパーティションとしていること自体が危険なのだが、さらにFAT32ですべての領域がフォーマットされているということは、少しのエラーでハードディスク全体が見えなくなる危険性をもっている。

2GBのハードディスクであれば、500GBずつパーティションを切り、4つのパーティションとして使うのがベターであるし、そのフォーマット形式はWindowsであればNTSFフォーマットを使うべきだと思う。

パーティションの作成やフォーマットはWindowsのコントロールパネルの中の「管理ツール」の中の「コンピュータの管理」の中の「ディスクの管理」から行うことが可能である。

メーカー純正のフォーマットソフトを使ってもいいが、中にはメーカー独自のわけのわからないやり方でフォーマットしたりするので、あまり好ましいとはいえないし、やたら時間がかかることもある。

一方、LAN接続のハードディスクについては、さらにトラブルの危険性は増えている。LAN接続のハードディスクには、正確にはわからないがLinuxらしきOSが積まれていて、そのOSがハードディスクを管理していると考えた方がいい。

このため、ハードディスクのフォーマット形式もLinuxで使われるext3というフォーマット形式が使われている。

LAN接続のハードディスクの場合には、USBハードディスクのようにパソコンに直接つないでデータを読み取ることができないので、データ救出はより難しくなる。また、トラブルにあった場合は、メーカーに電話して原因をチェックするしかなく、自分で問題を解決することはかなり困難といわざるを得ない。

ただ、最近発売されているRAIDタイプのハードディスクであれば、メーカー側で復旧サービスなどもやっているのでトラブルについても安心な部分はある程度あるだろう。

いずれにしても、外付けのハードディスクを過信しないで、大事な情報は、数箇所にバックアップをとっておいたほうがいいだろう。最近は無料のクラウドサーバーなどもあるので、そちらも有効利用していくことも一つの解決方法かもしれない。
posted by noko at 12:25| 東京 ☔| パソコントラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。